掌蹠膿疱症性骨関節炎 薬 効果

掌蹠膿疱症性骨関節炎と薬の効果

スポンサーリンク

掌蹠膿疱症性骨関節炎にはビオチンなどの薬が処方されますがその効果についてまとめてみました。

 

 

【皮膚炎と共に生じる掌蹠膿疱症性骨関節炎】
掌蹠膿疱症は局部的に生じる皮膚炎ですが、悪化すると手の平や足の裏から上肢や下肢全体に広がる事もあり、赤みを帯びた皮膚とかさぶたに覆われていきます。
かゆみはないものの激しい痛みを伴うようになります。
同時進行で掌蹠膿疱症性骨関節炎を合併する事もあり、さらに激痛が増していきます。

 

ケースによっては掌蹠膿疱症性骨関節炎が後から発症する事もあり、症状の表れ方や治療期間の長さに個人差があります。
最初は胸骨・腰関節・肋骨に発症してから全身へと拡大していきます。

 

 

【掌蹠膿疱症性骨関節炎に投与される薬と効果】
激しい傷みが生じている事が大半ですから鎮痛剤などの薬が投与されますが、一時的に痛みを押さえる効果だけで掌蹠膿疱症性骨関節炎の消炎効果はありませんから、合わせてビオチン外用薬の投与が一般的です。

 

ビオチンは腸内細胞で生成されるビタミンであり、掌蹠膿疱症性骨関節炎にも掌蹠膿疱症症状にも効果的に働きます。
ビオチンは様々な酵素の働きを促進させる補酵素としての役割を持つ成分で、疲労回復やエネルギー代謝、皮膚病の消炎効果など多種多様な働きをします。
掌蹠膿疱症を発症した人でビオチンを投与された結果一ヶ月ほどで症状が緩和したというケースもあります。

 

好転作用もあり一時期悪化したような感覚に見舞われる事もありますが、少なくとも半年は服用するように指示されます。
クリニックによってはリュウマチ膠原病専門医院との連携で抗リュウマチ薬が投与される事もあります。

 

スポンサーリンク

 

【体質改善しながら消炎薬】
掌蹠膿疱症性骨関節炎を緩和する薬として痛み成分である非ヒスタミン剤が投与される事もあります。
ビオチン同様対症療法としての服用ですから、体質改善療法と一緒に服用されるのが普通です。

 

その他多数鎮痛効果のあるサプリがありますから、医師と相談しながら試してみるのがおすすめです。
掌蹠膿疱症性骨関節炎はビオチンなどのビタミンを投与しながらの治療が一般的です。

スポンサーリンク