掌蹠膿疱症 手の甲 できる

手の甲にできる掌蹠膿疱症

スポンサーリンク

一般的に掌蹠膿疱症は手の平などに発症するとされているのですが、たまに手の甲にできる事があります。
それはどういうことなのでしょう。

 

 

【掌蹠膿疱症の原因】
掌蹠膿疱症は手の平や足の裏の特にかかとや土踏まずなど局所にできる皮膚炎の代表的な症状です。
解明されていない部分が多く原因がわからない事が多いのですが、喫煙者に多く症状が見られる事から禁煙を指示される事も多いのです。

 

金歯による金属アレルギーなどが疑われた時は精密な検査の末に、金歯を取り外す手術が行われる事もあります。
虫歯を放置していた事が原因で掌蹠膿疱症を発症するケースも見られますし、扁桃炎から来ている事もありますから、風邪の症状を放置して治療しない事で掌蹠膿疱症を発症する例もあります。

 

いずれにせよ免疫機能の影響は大半が口外からの細菌感染ですから、歯科口腔科と連携しての治療が進められる事もあります。
それでもなお再発を繰り返し症状が手の甲にまで拡張してできる事もしばしば見られます。

 

 

【掌蹠膿疱症が手の甲にまでできる原因】
通常は手の平や足の裏など特定の場所にできる掌蹠膿疱症が手の甲にまで拡張してできる原因は様々推測できるのですが、その1つは水疱もしくは膿疱をつぶす時に雑菌が入って周辺に拡散させた可能性がある事です。

 

水疱そのものは白血球が集中している箇所であり、免疫機能の異常とも受け取れるのですが強引に不衛生な状況でつぶそうとするのはおすすめできません。
ストレスの蓄積が影響して手の甲にまで掌蹠膿疱症を拡散させてできる事もありますから、皮膚科などを受診した方が賢明です。

 

喫煙や過剰なアルコールが原因してできる場合もあります。
体内のビオチン不足が影響している場合もありますから、その場合はビオチン大量療法が処方されます。

 

スポンサーリンク

 

【手の甲に拡大して発症する事も】 
悪化しながら拡張していきますから、赤みを帯びた腫れや皮膚が剥がれていく症状を発症しながら拡張していきます。
掌蹠膿疱症は悪化しながら手の甲にまで拡張していきます。
原因はよくわかっていません。

スポンサーリンク