掌蹠膿疱症 ビタミンD3 効果

掌蹠膿疱症のビタミンD3効果

スポンサーリンク

光のビタミンと称されるように紫外線との深い関係にあるビタミンD3は掌蹠膿疱症の消炎剤としての働きも期待されています。
その効果についてのお話です。

 

 

【ビタミンD3と紫外線効果】
ビタミンD3は人間の体内で生成合成される脂溶性ビタミンの一種で、特に紫外線を浴びる事で活性化されます。
紫外線というとメラニン色素を生成してしみやそばかすあるいは肌荒れを引き起こす悪役として知られていますが、ビタミンD3を生成して骨格には欠かせないカルシウムやリンの吸収を助けて骨の形成と成長を促進させると共に、免疫機能の向上や糖尿病予防そしてガン予防にも効果を発揮しますし、掌蹠膿疱症など皮膚病の消炎効果としての期待も高まっているのです。

 

 

【掌蹠膿疱症への効果】
掌蹠膿疱症の消炎にはステロイド軟膏やビオチン内服薬あるいはワセリン軟膏などいくつもの医薬品が使われますが、どの方法も効果を期待できなかった時は紫外線療法を受ける事ができます。

 

紫外線を受ける事で掌蹠膿疱症の症状を緩和させようとの対症療法ですが。
この時皮膚内でビタミンD3が生成されて掌蹠膿疱症の症状を緩和させる事ができます。
ビタミンD3は精神安定や免疫力向上など掌蹠膿疱症緩和にとっても良い効果をもたらす機能を豊富に備えています。

 

スポンサーリンク

 

【副作用】
紫外線を長時間浴びると皮膚の老化を招きやすくなりますから、あまりに強い日差しは避けた方が無難です。
ただし過敏になりすぎて完全に紫外線をシャットアウトする事は元々持っていた免疫機能の低下やカルシウム不足からくる精神のアンバランスを招きます。
過剰摂取による高カルシウム血症や人気脳障害を発症する場合がありますが、普通に食事している分には心配はありません。

 

 

【食事からビタミンD3摂取】
ビタミンD3は脂溶性ビタミンでもありますから油との相性が良い事と魚類に多く含まれている事から炒め物や魚介類を積極的にたべる事でもビタミンD3を増やす事ができます。
掌蹠膿疱症の症状漢和として処方される紫外線療法はビタミンD3を活性化して掌蹠膿疱症の症状を緩和させてくれます。

スポンサーリンク