掌蹠膿疱症 リンデロン 効果

掌蹠膿疱症へのリンデロンの効果

スポンサーリンク

掌蹠膿疱症の特効薬として一般に処方される医薬品にリンデロンがあります。
機能や効果、副作用なえどについてお話しします。

 

 

【リンデロンの特長や機能】
掌蹠膿疱症に処方されるリンデロンはステロイドの一種で一般的にはベタメタゾン吉草酸エステルと呼ばれていますが、ベタメタゾンと略して表記される事もあります。
掌蹠膿疱症など重度の皮膚炎の消炎効果、アレルギー諸症状や免疫機能の抑制機能があります。
その他幅広く活用されています。

 

薬効分類としてはステロイドと同じ合成副腎質ホルモン剤になります。
症状によって強度が分かれますが、それぞれに成分が少しずつ違ってきます。
免疫系の副作用がありますから長期間の使用はおすすめできません。
用法・用量を守って使用するのがオススメです。

 

リンデロンは一時的な炎症を抑えるだけですから少なくとも半年試してみて効果が感じられないか、悪化が見られる場合は他の対処法をみた方が賢明です。

 

 

【リンデロンの効果】
細菌感染が原因で発症するかゆみや痛みがある場合は特に効果を感じやすいのが合成副腎質ホルモン剤のメリットでもあります。
免疫機能を押さえる反面長期使っていると、体が馴染みすぎて免疫機能そのものが退化してきて、感染症にかかりやすくなりますから注意が必要です。

 

通常掌蹠膿疱症に処方される時は抗生物質と一緒に処方されます。
皮膚萎縮を起こす事もある事から敏感な顔への使用は推奨されません。
どうしても使用したい時は最も効果の薄いAレベルをオススメします。

 

抗生物質配合で目の周りや耳あるいは鼻などに使用される事が多いのです。
全身に使用できますが陰部や乳首の周りには刺激が強すぎますから推奨されません。

 

スポンサーリンク

 

【リンデロンの種類】
掌蹠膿疱症には一般的には軟膏が主流で処方されますから、かゆみや痛みがひどい時などは念入りに軟膏を塗っていく事で辛い掌蹠膿疱症を一事でも緩和させます。
内服薬やシロップ、錠剤や散剤あるいは座薬など様々ありますが、体内から作用するものは特に顕著に副作用がでますから、医師と相談の上使用するのが望ましいです。

 

リンデロンはステロイドであり合成副腎質ホルモン剤に分類されます。
掌蹠膿疱症への効果が強い分副作用も強く出ます。

スポンサーリンク