掌蹠膿疱症 ビオチン 用量

1回に処方される掌蹠膿疱症のためのビオチンの用量

スポンサーリンク

掌蹠膿疱症に有効とされるビオチンは副作用がなく安全で手頃な価格で購入できるサプリですが、1回に服用していい用量があります。
詳細についてのお話です。

 

 

【ビオチンの機能について】
掌蹠膿疱症に処方されるビオチンは腸内細菌で合成や消化される水溶性ビタミン成分ですが、疲労物質であるヒスタミンの排出や糖代謝、脂肪酸の合成、アミノ酸代謝を司るカルボキシラーゼの補酵素として機能している他、遺伝情報を格納するDNAの補酵素であり、掌蹠膿疱症を初めとする皮膚炎の消炎機能、アミノ酸の補酵素としての機能など、人が若々しく健康的に過ごすためのあらゆる生理機能を司っています。

 

腸内悪玉菌の過剰な増加、睡眠薬や抗生物質の服用。
卵白の過剰摂取あるいは偏食など腸内環境の変化や食習慣の少しの乱れによって、消失していってしまいます。
それによって掌蹠膿疱症やアトピー性皮膚炎の発症や白髪、脱毛、疲労の蓄積、ストレス、筋肉痛、うつ病など体に良くない症状を引きおこします。

 

水溶性ですから大量に服用しても尿や汗と共に排出されます。
深刻な副作用がおきる事はありません。
ただし妊婦には刺激が強すぎる傾向がありますから服用は慎重にした方が賢明です。
用量にも上限は特に設定されていませんが、掌蹠膿疱症用サプリとして服用するなら用量を守って服用してください。

 

 

【ビオチンの科学的特性】
ビオチンはできる限りそのまま手を加えずに摂取できれば良いのですが、もっとも多く含まれているのは生卵です。
ただし白身は10コ以上摂取すると分解されてしまいます。
熱に弱く食品加工すると1割〜8割以上消失します。
掌蹠膿疱の改善目的で服用する時はそれなりの用量が必要になってきます。

 

スポンサーリンク

 

【ビオチンの用量】
掌蹠膿疱症の改善のために服用する場合特に上限はないのですが、先頃公開された日本人の食事摂取基準2015年版によると、男女共に5ヶ月までは4ug、6ヶ月から11ヶ月までは10ug、5才までは20ug、7才までは25ug、9才までは30ug、11才までは35ug、12才以上は50ug摂取できれば充分な用量と判断されています。
実際には栄養補助食品として摂取する場合は上が500ug、下限は15ugと設定されています。

 

ビオチンは上限下限の用量は特に推奨用量がないのですが、掌蹠膿疱症改善のためのサプリとして摂取す場合は500ugまで設定されています。

スポンサーリンク