掌蹠膿疱症 ビオチン 含む サプリ

掌蹠膿疱症で処方されるビオチンを含むサプリのまとめ

スポンサーリンク

掌蹠膿疱症はビオチン不足で生じる事もあると言われています。
ビオチンを含むサプリについてお話します。

 

 

【掌蹠膿疱症との関係】
ビオチンは腸内細菌によって合成・吸収・利用されるビタミン成分であり、別名ビタミンHとも呼ばれています。
普通に食事する分には不足する事はありおませんが、睡眠薬や抗生物質あるいは精神薬などを服用しているか、卵白の大量接収をするなどすると不足してくる事もあります。

 

たばこやアルコールの過剰摂取で消費され腸内悪玉菌が増加してくると、そのえさとなりどんどん体内から失われていきます。
掌蹠膿疱症はそうした過程で発症したと考えられますから、ビオチンを含む食品はもちろん含むサプリでも積極的に接収する事で掌蹠膿疱症の改善にもつながります。

 

 

【サプリに含む主な機能】
タンパク質の合成や免疫機能の正常化、皮膚炎の元ヒスタミンを対外へ排出する機能の他、酵素の働きを助ける補酵素としての働き、その他健康に良い働きを多々しますから、ぜひビオチンを含むアプリがあれば積極的に摂って掌蹠膿疱症の改善につなげたいものです。

 

スポンサーリンク

 

【体内へ大量に取り込むには】
ビタミンを多く含む食事を心がけるのと同時にビタミンHを豊富に含むサプリで摂取する方法もあります。
副作用はほとんどありませんから大量に飲んでも、尿や汗と一緒に排出されて摂りすぎる事はありません。

 

ただし妊娠中にビタミンHを含むサプリを服用すると胎盤や卵巣の萎縮がおこり奇形児の出産率が上がりますから、妊婦中は服用しない方が賢明です。
一方で妊娠によって血液中のビタミン濃度が低下するとの報告がありますから、掌蹠膿疱症改善のためにどうしてもビオチンを摂取したいのであれば主治医と相談の上で決める事が大切です。

 

血中の濃度を一定に保つには推奨される用量で必要に応じて服用するのがオススメです。
価格はサプリの中でも手軽な価格ですから病院からの服用以外に、自分で通販からの購入も可能です。

 

ビオチンは妊婦には要注意のビタミン栄養分ですが、通常は食事からとサプリからの摂取が可能です。
掌蹠膿疱症の改善にも効果的です。

スポンサーリンク