掌蹠膿疱症 生命保険

掌蹠膿疱症の治療に生命保険は適用になるか?

スポンサーリンク

病気と保険の加入の関連性について、掌蹠膿疱症の場合は、保険に加入して保険金を受け取ることができるのでしょうか。

 

 

【保険と持病】
私達にとって、生命保険(医療保険)に加入するということは、いわば字義通り、将来病気などに罹ったときのために、『保険を掛けておく』ために加入します。
それによって、将来的に、なんらかの入院や手術が必要な病気や怪我を負った際に、治療費の面で、負担が大きく軽減されます。

 

ですから、若いうちに加入される方、またはある程度年齢を重ねてからも加入される方は少なくありませんが、一つの問題点として、『誰でもどのような保険に加入できるわけではない』という問題点があります。
例えば、『持病』を持っている方は、生命保険に加入できない場合があります。

 

 

【加入できる?】
ある中年の方は、生命保険に加入しようと思っていましたが、持病である「掌蹠膿疱症」を患っているために、特定の生命保険への加入ができませんでした。
これにはいくつかの理由が考えられますが、やはり掌蹠膿疱症によるリスクが大きいと言えます。
保険は、若ければ若いほど加入しやすくなります。

 

また、保険料も安く済みます。
それは、健康体であり、今後病気になったりして、保険が適用となるリスクが少ないからです。
しかし、持病を持っている方は、そうではありません。
ですから、掌蹠膿疱症等のン持病を持っている方は、生命保険に加入できないことがあります。

 

スポンサーリンク

 

【可能性はある】
しかし、全てにおいてそうではなく、「特定の」保険、申し込もうとしていたのとは異なる保険会社の保険には、加入できる可能性があります。
この持病における基準も保険会社や保険によって異なりますので、特定の保険に加入できなかったとしても、他のいくつかの選択肢を考えられるかもしれません。

 

 

【まずはすぐに受診を】
掌蹠膿疱症は、主に顔や手足の皮膚に、水ぶくれのような症状が起きて、かさぶたになったりする症状が繰り返されるものです。
患者数は多くはありませんが、明らかに普段とは異なるような、この掌蹠膿疱症の特徴とも言える症状に気付いた際は、すぐに病院を受診するのが賢明である、と言えるでしょう。

 

掌蹠膿疱症などの持病がある場合、特定の生命保険(医療保険)への加入ができない場合があります。
ただし、異なる生命保険であれば加入できることもあるので、まずは問い合わせてみることが賢明です。

スポンサーリンク