掌蹠膿疱症 ビオチン 好転反応 時期

掌蹠膿疱症がビオチンによって好転反応に切り替わる時期

スポンサーリンク

掌蹠膿疱症の対処法としてビオチン療法があります。
確かに改善はされるのですが好転反応がおきる事があります。
どの時期でおきるのかなどについてお話しします。

 

 

【ビオチンは体内成分】
ビオチンという名前はあまり馴染みがないという人が多いと思いますが、もともと人間が体内に持っている成分であり、普通に食事をしている分には不足する事はありませんし副作用もほとんどありませんが、あえて多量に摂取しても余分なものは尿や汗と一緒に体外へ排出されますから、深刻な健康被害におよぶ事もありません。

 

 

【不足から生じる症状と掌蹠膿疱症との関係】
腸内環境が悪くなって悪玉菌が増えるとビオチンをえさにして増殖する事があります。
その結果様々な不快な症状を発症する事があります。
いくつかある症状の1つが掌蹠膿疱症です。
その他下痢・便秘・肌荒れなどもおきますし不足分を補給しようと大量に服用すると、ある時期から逆効果になる事も多々ありますから、あまりに辛いときはやめてみる事もおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

【好転反応】
ビオチンを悪玉菌がむしゃむしゃと食べ尽くして活性化させると聞くと、ビオチンの服用は危険だとも思えてくるのですが、好転反応である場合もありますから、ますは医師に相談してみる事をおすすめします。
通常は半年継続してみる事を勧められます。

 

好転反応がおきる時期は体に健康的な変化が少しでもかいま見えた時です。
掌蹠膿疱症であれば改善してくる時期から好転反応がおきてきます。
ビオチンが悪玉菌に食われながらもしっかり働いているゆえの好転反応ですから、ぎりぎり我慢できるところまでは我慢する方が後々の掌蹠膿疱症の改善のためには良いのです。

 

 

【ビオチンと掌蹠膿疱症】
好転反応は悪化したような感覚を起こさせるものですから、掌蹠膿疱症の症状は確実に消えていたとしても別の症状が発症して、気分的にはあまり楽になりません。

 

しかし時期としては掌蹠膿疱症の改善に前後しますから、好転反応としてののぼせやかゆみが出ても必ずある時期がきたら収まります。
ビオチンは掌蹠膿疱症に効果を発揮するすぐれた成分ですが好転反応も症状が改善した時期から発症します。

スポンサーリンク