掌蹠膿疱症 薬 軟膏 種類

掌蹠膿疱症に処方される薬や軟膏の種類

スポンサーリンク

掌蹠膿疱症は原因不明の場合は軟膏や薬が処方されるのが一般的です。
種類も様々です。
軟膏および薬一覧をあげてみました。

 

 

【掌蹠膿疱症で処方されるビタミンA】
掌蹠膿疱症を悪化させる原因が特定できない時は、ともかく炎症を抑えるための薬が処方され対症療法に切り替わります。
最終的に処方されるのは体内から症状を消去させる内服薬です。

 

その1つビタミンA誘導体はビタミンAをより体内へ吸収しやすくする働きがあります。
ビタミンAそのものは人間の血液中にも含まれている成分であり、普通に食事をしている分には不足することがありませんが、偏った食事や過剰なアルコール飲酒の結果欠乏すると、シック障害をひきおこす事があります。

 

そのほか皮膚や粘膜を正常に整え、成長や分化に関わってもいることからアンチエイジングや化粧品関連に利用されています。
脂に溶けやすく動物性食品に特に多く含まれているゆえに、過剰摂取すると皮膚炎の悪化など副作用がありますから注意が必要です。
レチノール、レチナール、レチノイン酸など種類があります。

 

 

【掌蹠膿疱症で処方されるステロイド軟膏】
最初に処方されるのがステロイド軟膏です。
アトピー性皮膚炎の薬としてよく知られていますが、掌蹠膿疱症で処方される消炎剤として軟膏の種類に入ります。

 

長期使用すると皮膚萎縮をひきおこすなど副作用を発症しやすい難点はありますが、足の裏や手の平など皮膚層が厚い部分には深刻な影響が出る事はありません。
効果のレベルごとに様々な種類がありますから、症状によって使い分けられます。
同じ軟膏の種類で活性型ビタミンD3があり、こちらもいくつかの種類があります。

 

スポンサーリンク

 

【掌蹠膿疱症で処方されるビオチンの種類】
ビオチンは腸内細菌として体内に保有しており、普通に食事をしていれば欠乏する事はありません。
アトピー性皮膚炎への消炎剤として知られている薬ですが、種類は豊富です。

 

長期服用すると副作用がありますから注意が必要です。
掌蹠膿疱症で処方される薬や軟膏の種類が豊富ですが、どれも決め手にはなりにくいのですが、様々試しながら自然治癒していきます。

スポンサーリンク