掌蹠膿疱症 ビオチン 食べ物

掌蹠膿疱症に効果的なビオチンと食べ物

スポンサーリンク

昨今掌蹠膿疱症の治療にビオチンが使われるようになりました。
食べ合わせの良さを考慮して普段摂取している食べ物などを見直す必要があります。

 

 

【食べ物との関係】
昨今掌蹠膿疱症の治療を語る際にビオチンがしばしば話題に上るようになりました。
酵母やレバー、豆類、卵黄などの食べ物に特によく含まれている他体内生成されますから、ごく普通に食べ物をとっていれば欠乏する事はありません。
過剰飲酒・喫煙・10コ以上の過剰な生卵白摂取・乳製品の過剰摂取などで欠乏する事はあります。

 

 

【ビオチンと処方薬との関係】
医薬品との相性も重要でステロイド内服薬や抗生物質・腎臓透析・抗てんかん薬・鎮痛剤などでも欠乏する事はあります。
少なくとも腎臓に欠陥がある人やてんかん発作がある人は避けた方が無難です。
抗生物質との飲み合わせも悪く骨粗鬆症の要因にもなります。

 

掌蹠膿疱症の治療に使う時はこれらの病気や今現在服用している薬の確認などもされます。
食べ物から摂る事に加えて薬との相性も考慮しなければなりません。

 

スポンサーリンク

 

【体内ビオチンが欠乏したら】
奇形の誕生や免疫機能の低下、糖尿病の悪化、リューマチ、クローン病の悪化などの症状を引きおこす可能性があります。
その他体調不良を引きおこします。
その他掌蹠膿疱症の悪化、神経障害、結膜炎、筋肉痛、不眠、など複数の病気にかかりやすくなります。

 

 

【掌蹠膿疱症との関連性】
ビオチンはアレルギー諸症状の緩和や体内浄化や美肌成分であるコラーゲンやセラミドの生成を促進させる機能の他、骨の炎症や変形を阻止する働きもすることから掌蹠膿疱症の治療薬として注目されるようになりました。

 

ステロイドによる掌蹠膿疱症治療に効果が出なかった時の代替療法としても活用されてはいますが、効果に個人差がありますから過剰期待はできません。
体内のビオチンを抑制しないためにも禁煙や食べ物を含む日常生活の見直しは重要です。

 

 

【サプリとしてのビオチン】
ビオチンは国内ではサプリメントとしての位置付けであって、医薬品ではないのですが対症療法としての位置づけから掌蹠膿疱症の緩和のために担当医から処方される事もあります。
食べ物からの摂取が難しい場合は検討の余地はあります。
ビオチンは掌蹠膿疱症の症状漢和として処方される事があります。

スポンサーリンク