掌蹠膿疱症 治療費

掌蹠膿疱症の治療費てどれくらい

スポンサーリンク

掌蹠膿疱症の治療は漢方・西洋医学両者いずれもいくつかの治療法がありますが、年間を通じての治療費はいくらくらいになるのかについてお話しします。

 

 

【掌蹠膿疱症は保険適用】
掌蹠膿疱症は保険適用ですから現行法にのっとっての割り引きでの治療費が請求されます。
2017年現在では健康保険加入者で1割負担の治療費がかかりますし、生活困窮者は自立支援法にのっとって上限付きの治療費になります。

 

高額療養費適応にもなります。
その他いくつかの行政サービスを利用できますから、詳細は最寄りの保険福祉科に問い合わせてみてください。

 

 

【掌蹠膿疱症の主な治療と治療費】
金歯による金属アレルギーが原因と診断された場合は金歯を抜く手術が行われますが、保険適応外になりますから数十万円の経費がかかります。
虫歯治療や歯槽膿漏、あるいは扁桃炎による扁桃除去手術を受けるとなった場合は保険適用での治療になり、約2週間の入院も必要となりますが、麻酔や薬代などを含めると年間数10万円の治療費がかかります。

 

少なくとも金歯が原因と確定されてから抜歯手術を受けた方が賢明です。
禁煙は当然ながら無料ですし喫煙が原因で掌蹠膿疱症を発症している可能性を示唆されたなら、まず禁煙を努力してみるのが良策ですしょう。

 

スポンサーリンク

 

【掌蹠膿疱症の原因が特定されなかった場合の治療費】
とにかく痛みやかゆみを消去する事が先決です。
最も手軽にできるのはエキシマ光線療法といって紫外線をあてる治療法になりますが、1回にかかる経費は10回照射しても10000円以内ですから、比較的手軽に受ける事ができます。

 

ただし効果には個人差があり完治しない人もいます。
診療台や薬代も入っても年間数万円の経費になります。
ステロイド軟膏を含む軟膏やビタミン剤など飲み薬の処方もされますが、それぞれにメリット・デメリットがありますし個人差もあります。

 

いずれの治療方法も5年以上の治療期間がかかりますが、トータルで考えても年間数万円ですから行政サービスも合わせて上手に活用しながら地道に治療していくのがおすすめです。
掌蹠膿疱症は保険適用の慢性病であり気長に治療していくのが賢明です。

スポンサーリンク