掌蹠膿疱症 爪 完治 期間

掌蹠膿疱症でも爪が完治する期間

スポンサーリンク

掌蹠膿疱症を発症すると爪にも異常が出ますが、掌蹠膿疱症の緩和と共に症状も治まってきます。
完治期間についてお話しします。

 

 

【掌蹠膿疱症の諸症状と期間】
掌蹠膿疱症は一般には馴染みの少ない少数派の症状ですが、大物女優が発症した事で話題になった事もあります。
数100人に1人という割合で発症します。

 

手と足の裏に主に発症しますから外見からすぐに気がつかれない事も多いのですが、水疱から膿疱に進行しさらに水疱ができた周辺にまるで火傷を負ったような赤い斑点ができ、さらに斑点通しが融合して大きな斑点になります。

 

さらに進行するとかさぶたとなりふけのようにぼろぼろ剥がれおちますが、激しい痛みを生じものもつかめない、歩けないといった状態になります。
さらに進むと腰や胸の関節および肋骨にも激しい痛みを持つようになります。
掌蹠膿疱症は足と手の爪にも異常が出て分厚い層になり、あるいは巻き爪のようにもなります。

 

 

【爪にも異変】
爪は掌蹠膿疱症と共に治ってきますがそのままでは完治しません。
いくつかの対処法が施されますが、完全に完治するのは3年から7年という比較的長期間におよぶのが一般的です。
その期間に直接の因果関係は解明されてはいませんが、掌蹠膿疱症が喫煙者に多い事から禁煙を勧められる事もあります。

 

スポンサーリンク

 

【掌蹠膿疱症に役立つ対処法】
かさぶたがぼろぼろ落ちるのは手足の先とはいえ、外見がよくありませんし爪も変形してくるというのは、これだけでもかなりのストレスとショックを受けますが、5年以上という長い期間が必要になるものの、けして不治の病ではなく完治していますからご安心ください。

 

金歯装着による金属アレルギーによる原因説も出ていますが、明らかに金が溶け出しているとの確認がとれれば金歯をはずすように指示されます。

 

原因が特定されない事も多く完治するまでの期間は不安ですが、薬物療法や対症療法および生活改善で多くの人が完治しています。
完治までの期間は医師の指示にしたがって過ごしてください。
掌蹠膿疱症は爪にも異常が表れて完治までに長い期間がかかります。

スポンサーリンク