掌蹠膿疱症性骨関節炎 良い食べ物

掌蹠膿疱症性骨関節炎の治療に良い食べ物

スポンサーリンク

掌蹠膿疱症性骨関節炎という病気は腸内のビオチンという成分が不足し、体内で発生する炎症作用を抑制するプロスタグランジンという成分が生成されない事が大きな問題となります。
ビオチンが何故不足してしまうのか、という事はいまだ原因不明となっているようです。

 

 

【掌蹠膿疱症性骨関節炎を治すにはビオチンが重要?】
腸内のビオチンが不足しているからこそ炎症反応を抑制する事が出来ない、という掌蹠膿疱症性骨関節炎に共通している問題点を治療するにはどうすればいいのか。
西洋医学的観点では足りないビオチンを直接体内に補充するという手法がとられます。

 

対して東洋医学的観点からはビオチンを正常に生成できるように腸内の環境を整えると言った手法がとられます。
医食同源という言葉もあるように、良い食べ物を摂る事によって掌蹠膿疱症性骨関節炎を治そうという事です。

 

 

【良い食べ物を毎日の食事に】
掌蹠膿疱症性骨関節炎を治すために腸内の環境を良くするのに良い食べ物とは何なのでしょうか。
おかずにまで気を使ったバランスの良い食べ物を摂る事が大切なのは当然ですが、忙しい現代人にそんな事をしろと言ってもまず無理でしょう。
朝昼晩の食事に仕事、家事、人によっては育児などもしなくてはなりません。
ストレスで掌蹠膿疱症性骨関節炎とは別の症状が現れてしまいそうです。

 

ですのでまずは無理なく、毎日のご飯から見直してみては如何でしょうか。
米を雑穀米などの栄養価の高い物を混ぜたものに変えればそれだけでも腸内環境に良い食べ物となるはずです。

 

スポンサーリンク

 

【良い食べ物を食べてもすぐに完治する訳ではない】
掌蹠膿疱症性骨関節炎の治療に関わらず、人の体は食べ物が作っている為、悪い食事を取っていれば体調が悪くなりやすく、良い食べ物を食べていれば健康に暮らせます。
東洋医学的観点ではこうした当たり前とも言える事をきちんと実践する事が大切となります。

 

とはいえ、東洋医学のアプローチは効果が現れるまでに相応の時間が掛かります。
人の体は半年前の食べ物が形成している、と言われるように実践してすぐに効果が現れるのかというとそうはいきません。

 

東洋医学的アプローチでは根本からの治療が出来るが時間が掛かり、西洋医学的アプローチでは現在の症状が緩和できてもいずれ再発する可能性が高くなります。
ですので、双方の治療をバランスよく受けなくてはならないのです。

 

東洋医学は胡散臭い、西洋医学では根本的に治らない、と毛嫌いするのではなく二つの良いところを上手く利用して治療に充てる事が最も賢い治療法といえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク