掌蹠膿疱症性骨関節炎 何科 診断

掌蹠膿疱症性骨関節炎…何科で診断を受ける?

スポンサーリンク

掌蹠膿疱症性骨関節炎の検査・治療のためには何科を受診する必要があるのでしょうか。

 

 

【知っておくこと】
病院に行って何科で診断を受ければ良いか分からなくなる、ということがあるでしょうか。
そのために何科なのか事前に調べておくことは大切なことです。
もちろん案内してくれますが、事前に診断に備えて何科か知っておいて、心構えを持っておくのとおかないのとでは見通しが異なるでしょう。
どのような治療を受ける必要があるのか、という点も知っておくならそれは良い準備をしていることになります。

 

 

【皮膚科だけでなく…】
皮膚疾患において、何科で診断を受ければ良いのか、という点はあまり誰も悩むことではありません。
皮膚科で診断を受けるのが普通だからです。
しかし、皮膚疾患と関連しているのに、他の科における診断、治療が必要になる場合があります。
それが、『掌蹠膿疱症性骨関節炎』です。

 

掌蹠膿疱症性骨関節炎とは、掌蹠膿疱症と、関節炎の症状が合併して発症しているものが掌蹠膿疱症性骨関節炎であり、目に見えてわかる肌の症状の他、胸の痛み、肋骨の痛みなどからはじまり、痛みが増すと生活に支障をきたすまでに悪化することがあります。

 

スポンサーリンク

 

【初期症状に注意】
本来掌蹠膿疱症の診断は皮膚科へ行くことにより行われますが、掌蹠膿疱症性骨関節炎の場合、整形外科での診断等が必要になる場合があります。
どちらにしても、初期症状と思われる症状を感じた時点で、すぐに検査を受けることが優先されます。

 

 

【分からないからこそ】
本来広く用いられる意味での「関節炎」は、運動不足、加齢、などの理由で引き起こされることが多いのですが、掌蹠膿疱症性骨関節炎においてはそうではなく、原因がはっきりしません。
自己判断も難しいと言えますから、症状と、何科を受診するか、という点を結び付けて覚えておくと、早急に対処できるでしょう。

 

早期治療が大切になるのは他の皮膚疾患と同様で、症状は改善させることができます。
掌蹠膿疱症性骨関節炎は何科で検査を行うかというと、整形外科での診断が必要な場合があります。

スポンサーリンク