掌蹠膿疱症性骨関節炎 何科 受診

掌蹠膿疱症性骨関節炎の場合、何科を受診すれば良いのか?

スポンサーリンク

掌蹠膿疱症性骨関節炎の疑いがある場合、何科を受診する必要があるのでしょうか。

 

 

【受診する科について】
罹った病気、怪我などを治療するにあたって、病院の何科を受診すれば良いか、という点で悩むことがあります。
たいていの場合は、何科なのかすぐにインターネット等で調査することによって、症状ごとに何科を受診すれば良いのか、という点は分かります。
ただし、それはあくまで自己判断によるもので、裏にどのような疾患が隠れているのか、という点は本格的な検査をする必要が、大抵の場合あります。

 

 

【水虫と似ている】
どの病院の何科を受診するのか…特定の疾患においては、それらが関連する症状ではありますが、場合によっては二つの科で検査を行う必要がある場合があります。
その一つが、『掌蹠膿疱症』です。
そして、それと関連して発症するのが、『掌蹠膿疱症性骨関節炎』です。

 

掌蹠膿疱症は、何らかの原因によって免疫異常が発生し、それによって手や足などの箇所にかゆみ、痛みを伴う水ぶくれができてしまうものです。
水虫と混同してしまうことがあります。

 

スポンサーリンク

 

【自分では分かりにくい】
この掌蹠膿疱症と合併して発症することがあるのが、『掌蹠膿疱症性骨関節炎』です。
本来関節炎は、無理のある運動、逆に運動不足、肥満などがきっかけとなって発症することがありますが、この掌蹠膿疱症性骨関節炎については異なっています。
ですから掌蹠膿疱症性骨関節炎である、という明確な自己判断がかなり難しい疾患であるとも言えます。

 

 

【正しい科で受診を】
掌蹠膿疱症関節炎の検査を行うためには、皮膚科に加え整形外科での検査、治療が必要になる場合があります。
最初に何科か分からなくても、原因が分かったら、医師の指示に従い正しい科を受診し、治療を行っていくことが求められます。
この掌蹠膿疱症自体が長期化することも多く、掌蹠膿疱症性骨関節炎もそれに伴って症状が長期にわたることがあります。

 

掌蹠膿疱症性骨関節炎の疑いがある場合、何科を受診すれば良いのかという点においては、本来の皮膚科に加えて整形外科での受診、治療が必要な場合があります。

スポンサーリンク