掌蹠膿疱症 足の指

掌蹠膿疱症の症状は、足の指にも発生する?

スポンサーリンク

水虫は足の指にもできやすいものですが、掌蹠膿疱症も似たような症状となることがあります。
しかし、確かに違いがあります。

 

 

【似ているが異なる】
足の指に、水虫ができた、という経験をされた方は少なくないでしょう。
水虫も、私達が意識しないうちに水虫菌が付着し、水虫になるという者ですから、なかなか対策の仕方が難しいという点がありますが、その他にも、足の指や、裏側に症状をきたすものがあります。

 

それが、『掌蹠膿疱症』です。
これは、痛みやかゆみを伴う、という点では水虫と似ているかもしれませんが、症状が周回し、また治療にステロイド等を用いる必要がある、という点で異なっています。

 

 

【水虫は防げる】
手足、特に足の指というのはケアを怠りがちなところです。
ですから、入浴した際などにきちんと洗浄しなければ、水虫などの症状に気付かないこともあります。
ということは、その反面、毎日きちんと足の指も含めて足をしっかり洗うようにする、等の対策を行っていれば、ある程度防げることでもあるのです。

 

スポンサーリンク

 

【やけどに似た症状】
では、「掌蹠膿疱症」の場合はどうでしょうか。
これも、足の指に症状が出ることはあります。

 

ただし、水虫よりも症状はひどく、やけどのような症状となります。
皮膚の赤みを伴った、水ぶくれ、膿疱ができます。
そしてその膿疱ができるのに伴って、皮膚が剥けたり、ひどいかさぶたになったりします。
こういった過程を繰り返すのが、掌蹠膿疱症です。

 

 

【正しい治療が必要】
足の指などにできる症状は水虫と似ている面もありますが、感染しないという違いがあります。
ただし、掌蹠膿疱症は水虫よりもきちんと治療を行わなければなりません。
そして、放置しておくと日常に支障をきたす場合があります。
また、この掌蹠膿疱症の大元の原因となっている疾患があるかもしれません。
まずはそちらを治療することが優先になります。

 

掌蹠膿疱症は足の指付近にも発生することがありますが、水虫とは対策が異なっています。
無菌性であるという点も異なっていますが、より症状が長期化する可能性があります。

スポンサーリンク